ねぶた!!!
by denshu2008
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
オフィシャルサイト
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
カテゴリ
全体
商品案内
弊社近況
イベント
杉玉の歴史
雑記
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
■ 杉玉のルーツを探す旅に出てみた。その3 [京都太秦編]
とうとう第三回目になりました、ルーツを探す旅人[Ta]です048.gif

これまでは「大神神社」を中心に酒造に関わる社と杉玉の関係について書きましたが、今回からは舞台を奈良から京都に移しての「杉玉」の歴史を巡る旅となります。

お気付きの方もいるかと思いますが、京都にも“酒造の神”として全国の蔵元から多くの崇敬を受けている神社「松尾大社」がありますが、酒神として崇められているその理由として「大酒神社」より秦氏の祖霊を遷座したことに由来すると伝えられています。

ということで、まず最初の目的地である「東映太秦映画村」で有名な京都太秦へ。。。とは言いながら映画村に立ち寄ることもなく(爆)、杉玉のルーツを求めてマニアな歴史巡りがはじまります003.gif
f0173161_8314771.jpg
                          ↑京都市右京区太秦「廣隆寺」

最初の目的地は、厩戸皇子(いわゆる聖徳太子)の発願により、帰化氏族である秦河勝(はたのかわかつ)が建立したと伝えられる京都最古の寺院「廣隆寺」へ。

秦氏といえば、農耕、土木、管絋、工匠等の当時の先進技術を大陸及び半島より倭国へ移入し産業発展に尽力した事でも知られる有力氏族ですが、殊更有名なのが[養蚕]と[酒造]技術で、中でも秦酒公(はたのさけのきみ)は人皇二十一代・雄略天皇の御宇、各地の秦部・秦人の統率者となり、以降各技術の向上に務めたと伝えられています。

近辺には先述の通り秦氏の功績として代表的な[養蚕]技術に纏わる、通称“蚕の社”としても有名な織物の祖神を祀る「蚕養神社」(こかいじんじゃ)を摂社とする「木嶋坐天照御魂神社」(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)に代表される秦氏が関係した大小さまざまな寺社が存在します。
f0173161_8353816.jpg
                       ↑「廣隆寺」本堂である「上宮王院太子殿」
f0173161_8381241.jpg
                 ↑廣隆寺境内にあるかつての大酒神社址と伝えられる「太秦殿」

人皇十四代・仲哀天皇の御宇に大陸での兵乱を避けて倭国に来朝した秦始皇帝を祖とする功満王の子・弓月王(ゆんすのきみ)がその後、百済より秦氏諸族を率いて帰化し、その孫である秦酒公6世の孫・秦河勝が桂川に「葛野大堰」を築いた事により河内国讃良郡太秦(現・大阪府寝屋川市太秦)から本拠を移した先がこの京都太秦と伝えられています。

その秦河勝が秦氏の氏寺として人皇三十三代・推古天皇の御宇に建立した「廣隆寺」には、かつて氏神として“大避神”と称して秦始皇帝と弓月王の祖霊を祀り<災難除け><悪疫退散>を願った「大避神社」が現在の「太秦殿」辺りに鎮座していたと言われています。

後に、「大避神社」は先の二柱に秦酒公の功績を讃えて同社に併せ祀ることにより社号を現在の『大酒』に改められたそうです。天平5年(733年)、当時の「松尾神社」から霊泉が湧いた事から「大酒神社」より大避神を改めて斎祀ったのを機に、以降「松尾大社」は“酒造の神”として信仰されるようになったと伝えられています。
f0173161_8413344.jpg
f0173161_8415258.jpg
                     ↑京都市右京区太秦にある現在の「大酒神社」

ちなみに、現在の「大酒神社」は明治新政府の発布した【神仏判然令】により「廣隆寺」から切り離され、「廣隆寺」横の現社地へと遷し祀られています。

前回のログでも書いた通り、伝承を信じるならば掌酒(さかびと)高橋活日命が醸した御酒はコウジカビによる糖化作用を利用した米と米麹で造る酒造法と推測されますし、そうでないにしろ『古事記』や『日本書紀』には秦氏が帰化する以前、人皇十五代・応神天皇の御宇には吉野に住む非農耕民族である国樔(くず)によって【醴酒】(こざけ)が献上されたという記述から、既にこの時代には現在の日本酒醸造の基本形が出来上がっていた事が窺えます。

では秦氏が持ち込んだ醸造技術とは一体どんなものだったのでしょうか? 実のところ現在でもハッキリとは解らないんです。。。008.gif

                           063.gif

さて、気が付けば話題が「杉玉」から大分離れたところに行ってしまいましたが、実は以前「松尾大社」を訪れた時、「これが現在の杉玉のルーツなんじゃないか?」と思わせる物を見つけたので、次回はそのお話を中心に書こうと思っております。。。

おそらく最終回となるであろう『松尾大社編』まで今しばらくの猶予を040.gif

(文/撮影:Ta)
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-23 08:32 | 杉玉の歴史
■ 三沢の松田屋様 おめでとうございます!!!
本日(7月18日)、弊社のお得意さまであります、三沢市の松田屋酒店様が、新装開店をいたしました。本日から3日間はOpen記念セールです。12時Openだそうで、Open記念の販売商品もあるようです。

f0173161_16575683.jpg
f0173161_16581378.jpg
店舗は、広すぎずちょうどよい感じに商品が陳列されています。もちろん殆どの日本酒はリーチインです。
f0173161_16583592.jpg
弊社の大きな暖簾も。

f0173161_16594946.jpg
酒器や食器の販売もしています。

f0173161_1702487.jpg
f0173161_1732924.jpg
そして、何よりもすごいのは9月Open予定ですが、併設されたお蕎麦屋さんです。奥様が何年も前から趣味で、打つ蕎麦が評判で、ついに店舗を造ってしまいました。これがまた、広~い。Max35人程が入れる大きさ。昼だけじゃもったいない!!! 夜は居酒屋さんになれば最高にいいんでないの?

最後に全体の写真です。
f0173161_1657644.jpg
f0173161_16572516.jpg
松田屋さんご夫婦と、左は松田屋さんのお子さんではなく、弊社の愚息(2番目)でした029.gif
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-18 17:04 | イベント
■ 池袋に出動!!!
無敵艦隊、艦長のT.N.です。004.gif
先日(7月12日)池袋の升新商店様と酒菜家様企画によります「田酒を楽しむ会」が開催されました。お客様の数は約20人。お店の1部のお座敷を借り切っての開催です。

まずはご挨拶の当「酒菜家」の野崎店長様。
f0173161_953166.jpg

f0173161_9533815.jpg
そして、升新商店の山崎様。
f0173161_954950.jpg
皆さん真剣に利酒。しかし、しっかりと味・香りを確認したら、そのあとは美味しい料理。
f0173161_9544157.jpg
何と今回は殆どの食材が青森からのお取り寄せでした。ひらめのお造り。これが美味かった。さすが「酒菜家」

f0173161_9571128.jpg

氷清のボールアイスは、当艦隊の仕込み水を固めて作ったそうです。

すっすっすごい

f0173161_9573743.jpg
店内にはいたるところに当艦隊の「ねぶた」のポスター。演出がなかなかにくいねー、

よっ「升新」!最後は「じゃんけん大会」。

f0173161_9554684.jpg
3時間にも及ぶ長い航海、皆様大変ありがとうございました。当艦副艦長も参加。
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-14 09:58 | イベント
■ 仙台日本酒サミット!!!
昨日(7月9日)、仙台の「パレスへいあん」にて「仙台日本酒サミット2008」が開催されました。
f0173161_1615950.jpg
このサミットとは、蔵元と酒販店が、自社及び取り扱いの市販酒を持ち寄ってブラインドによる利酒を行って、点数をつけて評価を行うものです。そして、その評価も各自の判断では公平性に欠けるので、公的機関の評価のできる審査員を招いて行います。宮城県工業技術センターの橋本先生と宮城県酒造組合の伊藤先生です。
今年は、蔵元48名、酒販店62名の合計110名の参加でした。利酒は全57本。
f0173161_1611845.jpg
f0173161_1613869.jpg
皆さん真剣に利酒しています。
その後、それぞれの酒に対する先生方の評価が下されます。
f0173161_1623435.jpg
f0173161_1643950.jpg
そして、今年は幹事の交代の年です。今年までの幹事さんお疲れ様でした。車多さん、熊田さん、直井さん、細井さん
f0173161_165121.jpg
f0173161_1652510.jpg

お疲れ様でした
洞爺湖サミットが終了とともに仙台日本酒サミットも無事終了040.gif
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-10 16:23 | イベント
■ 杉玉のルーツを探す旅に出てみた。その2 [三輪山編]
どうも、あまり実用的でない日本史が好きな[Ta]です048.gif

前回は奈良県桜井市三輪「大神神社」と「杉玉」の起源について触れましたが今回は神奈備である三輪山に点在する酒造りと関連の深い社についてのお話を。

実はこの日、本格的な梅雨入りで全国的に大雨の予報だったので不安を抱えて行ったんですが、着いてみれば途中のトイレで傘を忘れるほどの快晴でした。

いや~、日頃の行いがいいと……028.gif
f0173161_9371917.jpg
                      ↑展望台から見た大神神社の神奈備「三輪山」

「大神神社」の境内をひと通り周ったところで、日本史上最古の街道「山の辺の道」から三輪山の麓を歩くと数多くの摂社が鎮座していますが、その中でも古来の日本酒造文化と関わりを持つ神社の一つとして「狭井神社」があります。

疫病封じの祭りが有名なことから「花鎮社」(はなしずめのやしろ)とも称される「狭井神社」は、古来より三輪山より湧き出る霊泉「薬井戸」の清水を製剤や酒造の用水として利用した歴史があり、三輪明神(三輪山)の“酒造の神”としての信仰を垣間見る事が出来ます。

山道を登ってヘトヘトになったカラダには冷たい「薬井戸」の水は格別でした(笑)
f0173161_942582.jpg
f0173161_9425273.jpg
                 ↑奈良県桜井市三輪「狭井神社」(上)とその霊泉「薬井戸」(下)

ちなみに、現在の井戸は蛇口式になっていて、近隣の方や参拝者がご神水を自由に持ち帰っていました。

山を背にした「狭井神社」から「大神神社」に向かって「山の辺の道」を下っていくと、途中に小さな社が見えてきます。高橋活日命(たかはしいくひのみこと)を祀る「活日神社」です。

前回のログを読んで頂けた方なら記憶にあるかもしれませんが、御祭神である高橋活日命は三輪山に鎮まる大物主大神に国家安泰祈願のため崇神天皇より酒造りを命じられた人物で、『崇神紀』(日本書紀)における「高橋の邑の人活日を以て大神の掌酒とす」のように、活日命が御酒の醸造を司る掌酒(さかびと)に任じられたと記されています。
f0173161_9453053.jpg
f0173161_9455457.jpg
                      ↑杜氏の祖神、高橋活日命を祀る「活日神社」

この時、醸した御酒があまりにも見事な出来栄えであった事から高橋活日命が詠んだ歌、

此の御酒は わが御酒ならず 倭成す 大物主の醸し御酒 幾久幾久
(この神酒は私が作ったのではなく、日本国を作られた大物主様がお造りになられたのです。末永く続きますように。)

は有名で、この事が三輪山の大神を “酒造の神”と崇めるきっかけとなり、今日の「大神神社」成立へと繋がったと言われています。また、これによって高橋活日命の功績が称えられ、現在の日本酒醸造には欠かせない技術者「杜氏」の祖神として祀られています。

一流の掌酒であった活日命には、一夜で酒を醸したという伝承も残っていますが、これは平安中期に編纂された『延喜式』に記されている【醴酒】(こざけ)と呼ばれる米と米麹、濾した酒を使用して造る甘酒と推測され、すでにこの時代からコウジカビによる糖化作用を利用した醸造法を用いていた事が窺えます。

ちなみに杜氏の祖神を祀る神社は全国でも唯一ここ「活日神社」だけです。

                            063.gif

「杉玉」のルーツを巡る奈良県の旅はこれまで。。。
なかなか要約するのが難しくて、解りにくい事もあるかと思いますがここまでは基本(爆)

さて、次回(暇があれば……)は更なるルーツを求めて京都へと向かいます006.gif

(文/撮影:Ta)
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-08 11:46 | 杉玉の歴史
■ 艦隊総出撃!!!
無敵艦隊 艦長のT.N.です。004.gif

本日(7月4日)は、オフィシャルでは無くプライベートでの呑切り(利酒)を行いました。そこで、日ごろお世話になっている他艦隊の艦長達をお招きして、更に艦隊のクルーも総動員して実施しました。オフィシャルの呑切りは例年9月に実施しているのですが、それまでにはまだ2ヶ月もあり、また酒の製造が終了して既に2ヶ月以上も経過しているので、現在の貯蔵中の酒がどのような状態なのかをチェックし、今後の貯蔵温度等をどのようにするのかを、判断する目的で行います。
f0173161_122146.jpg

f0173161_1223322.jpg

某仙台の艦隊艦長ら。017.gif


f0173161_1245623.jpg

青森県の村中艦長にも来て頂いています。027.gif


f0173161_1251134.jpg

某札幌の艦隊大佐。016.gif


f0173161_1252761.jpg

無敵を誇るわが艦隊のクルー達。066.gif


f0173161_1254493.jpg

ついでに艦長も。おっと、うしろに細川司令官。024.gif
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-06 12:16 | 弊社近況
■ 「特別純米酒 原酒 氷清 田酒」 販売開始!
f0173161_1725516.jpg

      ~氷で割る。ロックで飲(や)る。~

今年もお客様のご好評に答えて夏の期間限定【特別純米酒 原酒 氷清 田酒】の発売と相成りました!

日本酒のこれまでのイメージを払拭する新たな試みとして2004年の発売を皮切りに「ロックで飲(や)る」と銘打ち始まった新ブランド “氷清”。

小振りなロックグラスに氷を浮かべ、ひと口ふた口でグイッと飲む。原酒だからこそ出来る米の旨さが凝縮された冷たい日本酒ロックならではの醍醐味、あなたもこの機会に体験してみませんか?

特別純米酒 原酒 氷清 田酒 180ml

 ● 原料米:華吹雪
 ● 精米歩合:55%
 ● アルコール度数:18.5
 ● 容量:180mL
 【小売価格】 360円(税込)



弊社では、酒類の小売販売は致しておりません。弊社商品購入をご希望される場合はお手数とは思いますが、
  お近くの酒販店にてお取り扱い酒販店をご確認下さいますよう宜しくお願い致します。


(撮影:Ta)
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-02 15:38 | 商品案内
■ 今年の西田酒造店「ねぶたポスター」完成!
f0173161_11524287.jpg
市内にいらっしゃる方なら見かける機会も多いかと思いますが、毎年恒例の弊社オリジナル青森ねぶた祭ポスターが完成しましたっ060.gif

実は、このデザインに決まるまでには既存のいくつかの案の中から全社員参加のコンペにより厳選された上で改訂を経て陽の目を見る……というのを毎年行っております。

そのお陰か、ご覧になった方々からは毎年好評をいただいております<(_ _)>

今年は紆余曲折あり、票も割れて社外の方からも票を入れてもらう(笑)という難産振りでしたが、こうして完成したものを見ると迫力もあってかなりイイ出来なんではないでしょうか038.gif

このポスターは、お取引のある小売酒販店様や日本酒を扱う飲食店様に貼り出されますので見かけましたら店の人から怪しがられようが気にせず、じ~っとご覧になって下さい(笑)

(Ta)
[PR]
by denshu2008 | 2008-07-01 13:29 | 弊社近況