ねぶた!!!
by denshu2008
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オフィシャルサイト
以前の記事
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
カテゴリ
全体
商品案内
弊社近況
イベント
杉玉の歴史
雑記
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
■ 仙台日本酒サミット!!!
昨日(7月9日)、仙台の「パレスへいあん」にて「仙台日本酒サミット2008」が開催されました。
f0173161_1615950.jpg
このサミットとは、蔵元と酒販店が、自社及び取り扱いの市販酒を持ち寄ってブラインドによる利酒を行って、点数をつけて評価を行うものです。そして、その評価も各自の判断では公平性に欠けるので、公的機関の評価のできる審査員を招いて行います。宮城県工業技術センターの橋本先生と宮城県酒造組合の伊藤先生です。
今年は、蔵元48名、酒販店62名の合計110名の参加でした。利酒は全57本。
f0173161_1611845.jpg
f0173161_1613869.jpg
皆さん真剣に利酒しています。
その後、それぞれの酒に対する先生方の評価が下されます。
f0173161_1623435.jpg
f0173161_1643950.jpg
そして、今年は幹事の交代の年です。今年までの幹事さんお疲れ様でした。車多さん、熊田さん、直井さん、細井さん
f0173161_165121.jpg
f0173161_1652510.jpg

お疲れ様でした
洞爺湖サミットが終了とともに仙台日本酒サミットも無事終了040.gif
[PR]
# by denshu2008 | 2008-07-10 16:23 | イベント
■ 杉玉のルーツを探す旅に出てみた。その2 [三輪山編]
どうも、あまり実用的でない日本史が好きな[Ta]です048.gif

前回は奈良県桜井市三輪「大神神社」と「杉玉」の起源について触れましたが今回は神奈備である三輪山に点在する酒造りと関連の深い社についてのお話を。

実はこの日、本格的な梅雨入りで全国的に大雨の予報だったので不安を抱えて行ったんですが、着いてみれば途中のトイレで傘を忘れるほどの快晴でした。

いや~、日頃の行いがいいと……028.gif
f0173161_9371917.jpg
                      ↑展望台から見た大神神社の神奈備「三輪山」

「大神神社」の境内をひと通り周ったところで、日本史上最古の街道「山の辺の道」から三輪山の麓を歩くと数多くの摂社が鎮座していますが、その中でも古来の日本酒造文化と関わりを持つ神社の一つとして「狭井神社」があります。

疫病封じの祭りが有名なことから「花鎮社」(はなしずめのやしろ)とも称される「狭井神社」は、古来より三輪山より湧き出る霊泉「薬井戸」の清水を製剤や酒造の用水として利用した歴史があり、三輪明神(三輪山)の“酒造の神”としての信仰を垣間見る事が出来ます。

山道を登ってヘトヘトになったカラダには冷たい「薬井戸」の水は格別でした(笑)
f0173161_942582.jpg
f0173161_9425273.jpg
                 ↑奈良県桜井市三輪「狭井神社」(上)とその霊泉「薬井戸」(下)

ちなみに、現在の井戸は蛇口式になっていて、近隣の方や参拝者がご神水を自由に持ち帰っていました。

山を背にした「狭井神社」から「大神神社」に向かって「山の辺の道」を下っていくと、途中に小さな社が見えてきます。高橋活日命(たかはしいくひのみこと)を祀る「活日神社」です。

前回のログを読んで頂けた方なら記憶にあるかもしれませんが、御祭神である高橋活日命は三輪山に鎮まる大物主大神に国家安泰祈願のため崇神天皇より酒造りを命じられた人物で、『崇神紀』(日本書紀)における「高橋の邑の人活日を以て大神の掌酒とす」のように、活日命が御酒の醸造を司る掌酒(さかびと)に任じられたと記されています。
f0173161_9453053.jpg
f0173161_9455457.jpg
                      ↑杜氏の祖神、高橋活日命を祀る「活日神社」

この時、醸した御酒があまりにも見事な出来栄えであった事から高橋活日命が詠んだ歌、

此の御酒は わが御酒ならず 倭成す 大物主の醸し御酒 幾久幾久
(この神酒は私が作ったのではなく、日本国を作られた大物主様がお造りになられたのです。末永く続きますように。)

は有名で、この事が三輪山の大神を “酒造の神”と崇めるきっかけとなり、今日の「大神神社」成立へと繋がったと言われています。また、これによって高橋活日命の功績が称えられ、現在の日本酒醸造には欠かせない技術者「杜氏」の祖神として祀られています。

一流の掌酒であった活日命には、一夜で酒を醸したという伝承も残っていますが、これは平安中期に編纂された『延喜式』に記されている【醴酒】(こざけ)と呼ばれる米と米麹、濾した酒を使用して造る甘酒と推測され、すでにこの時代からコウジカビによる糖化作用を利用した醸造法を用いていた事が窺えます。

ちなみに杜氏の祖神を祀る神社は全国でも唯一ここ「活日神社」だけです。

                            063.gif

「杉玉」のルーツを巡る奈良県の旅はこれまで。。。
なかなか要約するのが難しくて、解りにくい事もあるかと思いますがここまでは基本(爆)

さて、次回(暇があれば……)は更なるルーツを求めて京都へと向かいます006.gif

(文/撮影:Ta)
[PR]
# by denshu2008 | 2008-07-08 11:46 | 杉玉の歴史